• Laboratory Member

    修士課程

      岡本 廉

    高知県出身。
    高知大学大学院総合人間自然科学研究科地域協働学専攻1年。
    LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテータ。大学在籍中に介護用IoTデバイスのマーケティングリサーチやデザイン思考に基づくデジタルツール開発の支援などに携わりながら、現在に至る。現在は創造活動を通して学びが起きる瞬間に注目し、LEGO® SERIOUS PLAY®︎メソッドを用いた学習効果や能力開発などについて研究を行う。


    ○研究テーマ
    デザイン思考、LEGO® SERIOUS PLAY®、創造性教育など

    学部生

    春田 碧
    高知県出身。
    「高知の食は本当に美味しく、訴求力があるのか。」という点に興味を持ち、地域の食・地域ブランド・消費者心理を研究している。
    イベント会社で働いていた経験もあり、人の「楽しい経験」を裏から支える事や、時には人前に立って場のファシリテーターになる経験など、場作りを勉強中。
    また、イベントでの経験や、ヒアリングの経験などを通して、初対面でも「その人の中にある心地よい距離感」を常に意識して活動中。


    〇研究テーマ
    地域ブランド、LTV、消費者


    檜山 諒
    茨城県出身。
    人の思いを引き出すことに興味を持ち、コミュニティ・エンパワメント、地域メディアなどを学ぶ。「つながる場の温度を高めること」をモットーにイベント運営など行いながら、コミュニティの在り方を日々模索中。
    大切にしていることは目に見えない価値を尊重すること。


    ○研究テーマ
    コミュニティ・エンパワメント、地域メディア


    ○プロジェクト
    こうち100人カイギ運営、CLS高知広報担当、Startup Weekend高知オーガナイザー


    森野 純夏
    静岡県出身。高校山梨。
    子ども自身が“合わない“と思う家族で生まれても、ソトの人のサポートによって自分の人生を送れる社会を目指して研究中。卒業論文では、機能不全家族のこどもが困難をのりこえるためのシステムとして、U.ブロンフェンブレンナーの生態学的システムモデルに基づいたソーシャルサポート研究を実施予定。 長距離ランナー。保育士資格。


    ○研究テーマ
    子ども福祉、機能不全家族、ソーシャルサポート、生態学的システムモデル


    ○関わっているプロジェクト
    NPO法人カタリバ オンライン キッズメンター


    吉田 滉平
    岡山県出身。
    チームや組織に興味をもち、心理的安全性について研究。
    寮や実習班というチームで、色々な学びを得て、日常を学習の場する。
    大切にしていることは反省。自分の弱さや失敗を受入れて次に繋げること。


    ○研究テーマ
    心理的安全性の創出

     

     

    川村洸士郎
    高知県出身。
    小学校時代に総合学習で地域貢献学習を経験。その後高校時代にはマイプロに触れ、学生が自ら夢を持つことや、やりたい事を見つける事、場所の重要さに気づき、そのキッカケを作りたいと考え本学に入学。能動的に学ぶアクティブラーニングをメインとして研究している。
    今後福祉教育を取り入れ、卒業後地元土佐町に教育で恩返しできるように活動したいと考えている。


    ○研究テーマ
    アクティブラーニング、福祉教育、サービスラーニング


    松本匠摩
    埼玉県出身。
    Society5.0の実現に向けて小中高生に対する教育はどう変わるかについて興味を持つ。
    小・中・高生それぞれの個性に沿った学びを促すことのできる教育を思考中。


    〇研究テーマ
    Society5.0を実現する人材育成、アントレプレナーシップ

すべての投稿
×