Return to site

【イベント案内】

トサベン2017未来を描くアイデアソン#2【サードプレイス】

テーマは【サードプレイス】

【参加申込⇒ https://pro.form-mailer.jp/fms/2d5258e3133050
トサベン=土佐ベンチャー。トサベン2017は、高知発で元気なベンチャー企業を生み出していく総合的な起業家育成プログラムです。
アイデアソンの2回目、テーマは【サードプレイス】!

サードプレイスとは、家庭、職場のほかに都市に暮らす人々が心のよりどころとして集う第三の居場所のことで、その場づくりが国内でも進みはじめています。
地域に根付く「余白」を生み出す場作りにご興味のある方、ぜひご参加ください!
▼日時:2017年11月25日(土)
    第1部 10:00-12:00 / 第2部 13:00-15:00(受付開始9:45)
     ※ランチミーティングあり(12:00-13:00 要昼食持参)
▼会場:永国寺キャンパス地域連携棟
   (高知県高知市永国寺町6番28号)
    ※アクセス https://goo.gl/jEFxSh
▼参加費:無料
▼定員:20名
▼参加申込:下記リンク先よりお申し込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/2d5258e3133050
▼主催:高知県
▼企画運営:タクトピア株式会社
▼協力:高知大学 地域協働学部 須藤順研究室
▼プログラム(予定)
[第1部]
10:00-10:20 趣旨説明・チェックイン
10:20-12:00 キーノートスピーチ
 「サードプレイスを生み出すアクションとその価値とは?」(仮)
  スピーカー:竹崎美羽(OUCHI project)
        瀬戸昌宣(NPO法人SOMA)
        滝本悠(GOB Incubation Partners株式会社)
12:00-13:00 ランチミーティング(要昼食持参)
[第2部]
13:00-14:50 アイデアソン
 「人と地域のポテンシャルを高めるサードプレイスを考えよう」(仮)
   ファシリテーター:原 亮(エイチタス株式会社 代表取締役)
 14:50-15:00 チェックアウト・各種ご案内
※第1部は、KOCHI Startup PARK、四万十町ビジネスプランコンテストブラッシュアップ会との合同企画となっています。
※ランチミーティングご参加の方は、昼食をご持参ください。
※終了後15:00-18:00にセミナーが行われるほか、交流会も開催されます。お時間ある方は奮ってご参加ください。
▼参加対象者:下記に当てはまる若者や移住者
(1) 起業・創業に関心のある方
(2) 地域での事業づくりを通じて新しい挑戦をしてみたい方
(3) サードプレイスの立ち上げ、運営に関心のある方
(4) 地域起こし協力隊の方(OB/OG歓迎)
(5) その他、本イベントに関心のある方
※学生の参加も歓迎します。
▼登壇者プロフィール
ゲストスピーカー
竹崎美羽(OUCHI project)
http://startuppark.org/2017/08/22/interview_takezakimiu/
瀬戸昌宣(NPO法人SOMA 代表理事)
1980年 東京都生まれ。農学博士(農業昆虫学)。桐朋高校でバスケットボールに打ち込む傍ら、オーストラリアに留学。大学時代の米国留学を経て、米国コーネル大学にて博士号を取得。コーネル大学ニューヨーク州立農業試験場で博士研究員として研究と教育に従事。2016年から土佐町役場に勤務し、地域の教育に参加。2017年5月にNPO法人SOMAを設立し、地域の学校教育・社会教育の企画・運営をしている。林業を教育素材として、総合的な学習ができる杣の学校の設立を準備中。
[右記サイトより転載] https://coubic.com/kochistartuppark/174864
滝本悠(GOB Incubation Partners株式会社 取締役)
大手企業における新規事業創出や外資系自動車会社とのマーケティングプロジェクト、カスタマーインサイト抽出の調査案件や次世代リーダー育成研修などに携わる他、俳優・映画監督の伊勢谷友介氏 らが立ち上げるREBIRTH PROJECTと共に教育プロジェクトを展開。最近では、スマートフォンで乾電池の出力をコントロールするIoT製品『MaBeee』の立ち上げに参画。マーケティングディレクターとして、マーケティング面全般を担う。
[右記サイトより転載] https://coubic.com/kochistartuppark/219450
ファシリテーター
原 亮(エイチタス株式会社 代表取締役)
編集者を経て、30歳から活動拠点を東北に移し、ITベンチャー役員、NPO理事、団体代表などを歴任。ローカルから攻めるスタイルにこだわり、地域で自走する人や組織、社会を作る活動を継続。近年は全国でアイデアソンを展開している。2016年2月、エイチタス株式会社を設立し、代表取締役就任。
【サードプレイスとは?】
アメリカの都市社会学者レイ・オルデンバーグ(Ray Oldenburg)氏が著書「The Great Good Place」内で提唱した概念。自宅(ファーストプレイス)や職場・学校(セカンドプレイス)でもない、自分が心地よい時間を過ごせる第三の居場所。来客同士が飲食を通じて活発に意見交換が行われる西欧のカフェやパブなどが例に挙げられている。日本国内では、地域コミュニティの活動や公園のようなオープンスペースの活用にも、サードプレイスの考え方を取り入れる動きが出ている。
※本イベントおよびトサベン2017は「平成29年度高知県企業加速化事業」にて実施するものです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly